Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

羽田空港検疫まとめ・公共交通機関を使わず帰宅し自宅待機できる人へ

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回は羽田空港で実際に検疫を体験した私が、飛行機到着→検疫→帰宅までの流れを簡単にまとめました。

私のフライト便はシアトルタコマ国際空港から羽田空港でした。

最初に言っておきますが、公共交通機関を使わずに帰宅し、自宅待機を予定している人はそんなに心配しなくても大丈夫です。

 

f:id:Daikie:20200412210258j:plain

羽田空港検疫まとめ

 

 

  

機内で記入する用紙を4枚配られる

飛行機が出発すると税関の用紙と一緒に検疫のための用紙が4配られます。

現在の体調、入国後の滞在先住所先などを記入しなければなりません。

そこまで書くことは多くないので20分ほどあれば十分記入し終えることができました。

飛行機が到着する前に書いておくと良いと思います。

 

到着後に機内待機

飛行機が羽田空港に到着する前に、指示があるまで機内で待機しなければならないとアナウンスがありました。

幸運なことに私の場合は5分も待たなかったと思います。同じ時間に複数の飛行機が到着したり、前の飛行機が到着してから時間があまり経っていないとけっこう待たされるらしいです。

 

待合室に移動

飛行機から降りると待合室に移動させられます。

トイレあり、椅子も十分にありますが、人が多く集まるのでマスクは必須かと。

ここでも先ほど紹介した4枚の用紙を記入する時間が取れると思います。

そして今後の流れについて説明があり、自宅に公共交通機関を使わず帰る人でお年寄りや子連れの方を優先に書類を提出し、検疫ブースに案内されます。

続いてお年寄り、子連れの方以外で人達が4枚の書類を提出し、検疫を受けます。

 

検疫の結果は後日電話がかかってくるのですぐに帰れる

自宅待機組は検疫が終わるとすぐに帰れます。

結果はというと、、、

陽性の場合1日〜2日で電話で連絡がくる。

陰性の場合はそれ以降3日〜4日の連絡になり、遅くなるかもしれないとのことでした。

 

検疫の仕方は?

よくインフルエンザの時に行う長い綿棒を鼻の穴の奥まで入れる方法になります。

どっちの鼻の穴が良いか選ばせてくれました。

 

繰り返しになりますが公共交通機関を使わずに、帰宅し自宅待機できる人は検疫後すぐに帰宅することができます。

そして電話での結果を待つことなります。

よって1日〜2日経過しても連絡が来ない場合は陰性であると判断しても良いかと思います。

後は読者さんの乗る飛行機の前後の飛行機によっても、検疫までの待ち時間や混み具合が変わってきます。

いわゆる帰国ラッシュは過ぎたと思うので、私の経験上からもそこまで待つことはないかと思います。私の場合は合計で1時間半ほどかかりました。

私は今、2週間の自宅待機中になります。

皆さんのご健闘を祈ります。

ではまた!