Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

コロナウィルス:アメリカ留学先の大学の対応は?

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回はアメリカ留学先の大学のコロナウィルスへの対応について書いていきたいと思います。期末試験や友達が強制帰国になったりと忙しく久々の投稿になります!

f:id:Daikie:20200328131100j:plain

アメリカの大学コロナ対策まとめ
  • 学長からのアナウンスが生中継で行われる

テスト期間前の週だったと思いますが、授業のはじめに先生から「今日は学長からコロナウィルスについて今後の方針がアナウンスされるけど聞きたい?」と提案があり、アナウンス時に授業を中断し、生中継で会見を見ることになりました。まるで記者会見のような感じで、手話の補助付きのアナウンスが行われ今後の対策が発表されました。

 

  • 期末テストは今まで通り行われる

他の大学では期末テストが中止されたケースもありましたが、私の留学先ではスケジュール通り行われることになりました。しかしながら、テストがオンラインで行われたりと人が集まらなくても良いように配慮した授業が多かったです。また自分の取っていた授業では、先生がオンラインテストと提出物の期限を数日間延長してくれました。

 

  • 春休みが1週間延長される

もともと春休みは1週間の予定でしたが、プラス1週間され2週間になりました。よって春学期は通常より1週間少なくなりました。休みが長くなったとはいえ、人混みを避けなければならないので旅行などは自粛しなければなりません。私の大学は田舎町にあるので本当にすることがありません。友達は都心部を避けて、自然公園や海岸など人混みを避けつつ旅行しているそうです。私も先日、友達の家に泊まりながらハイキングや砂丘、海岸の夕日を見たりしました。

 

  • 春学期の授業がオンラインに変更される

アナウンス当初は最初の3週間のみオンライン授業に変更とのことでしたが、後日春学期全ての授業がオンラインに変更されました。日本語だと通信授業と言ったところでしょうか。アメリカの大学の授業はディスカッションやディベートなどアクティビティーが多いのが特徴なのですが、それがなくなると考えると楽しさが半減してしまう気がします。せっかくアメリカにきたのにオンラインでしか授業を受けられないなんて悲しすぎます。同じ学科専攻の友達もできて一緒の授業を取る予定だったのですが、それも直接会って一緒に授業を受けることはできなくなりました。

 

  • 大学全てのイベントが中止または延期される

大学内外で行われる全てのイベントが中止または延期されることになりました。私が楽しみにしていたパンケーキフェス(アメリカの大学で試験前によく行われるイベントで、学食が深夜まで開き、パンケーキやベーコンなど朝食のようなメニューを無料で食べてテスト前にエネルギーをつけようという催し)も中止になりショックでした。また私が練習していたルアウと呼ばれるハワイダンスのイベントも延期になり、最悪の場合中止になると発表され、とても残念な気持ちです。

 

  • 春学期の学費が見直される

春学期の授業がオンラインになると同時に、大学の施設も閉まるとのことで、学費のうちの施設料などがほんのわずかですが安くなりました。ちなみに今日本で勉強してる留学生の友達たちがオンラインクラスになったのに学費が同じでおかしいと抗議しています。なんとか彼らの声が大学の方針を変えることを願います。

 

大学からの発表は以上になります。街中もキャンパスも人通りが少なく本当に静かになってしまいました。そして春休みが終わってもほとんどアメリカ人の友達は大学に戻ってこないそうです、、アメリカではまさに今コロナウィルスの影響が深刻化しています。他の留学生が強制帰国になったり、お店が閉まったりと色々な騒動が起きているので今後もコロナウィルスの影響については随時更新していきたいと思います。

アメリカにいる皆さん、またアメリカに留学する予定だった方々、気持ちは人それぞれかと思いますが、健康に気をつけてお過ごしください。ではまた!