Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

アメリカ郵便局(USPS)郵便配達用ワゴンのデザインがカッコイイ件(画像あり)

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今日はアメリカの郵便局(USPS)の郵便配達の車が個人的に可愛いと思ったのでシェアしていこうと思います。まずは簡単にアメリカの郵便局を紹介していきます。

f:id:Daikie:20200309180601j:plain

モザイクなしの画像(3枚)は下にあります!

 

アメリカの郵便局はUnited States Postal Service (略してUSPS)と呼ばれています。日本から荷物を送ったり、アメリカから荷物を送るときに利用した方も多いのではないでしょうか?評判はというと、残念ながら遅延は当たり前、紛失さえ起こることも稀にあります。私の日本からの小包も3週間の予定が1ヶ月かかってやっと届きました。

荷物の大小に関わらず、配達員はただ玄関の前に荷物を置いていくだけです。「配達しましたよ〜」という意味を込めて、ドアをノックしてくれることは多いのですが、日本みたいに直接渡すようなことはありません。配達物が庭先にポツンと置かれるわけですから、それを狙った盗難も多いのが現実です。私はまだ盗まれたことはありませんが、皆さんも気をつけましょう。

 

  • 配達用ワゴン車のデザインはコレだ!

さて本題のワゴン車のデザインですがこちらになります!

 

f:id:Daikie:20200309131612j:plain

 レトロ感漂う正面から見た感じはこちら。ミラーが多い気がします。

f:id:Daikie:20200309131622j:plain

赤と青のストライプと郵便局のロゴがいい感じです。

f:id:Daikie:20200309131630j:plain

後ろはドアではなくシャッターのような作りになっており、車内まで簡単に荷物を取りに行くことができます。

 

日本郵便局のワゴン車と違ってちょっとカッコ良い、可愛い、デザイン性が良い!と思うのは自分だけしょうか。初めて見たときは「なんやあの車めっちゃ個性的やん!」と思って目で追っていると、郵便局の車であることに気がつきました。でもちょっとだけごみ収集車っぽいかなという事実。逆に日本で見るのは赤色のスズキの軽ワゴンですよね。日本は赤色のデザインが中心ですが、アメリカは赤、青、白が使われています。

 

いかがでしたか。

少しでもカッコいい、可愛い、デザインが良いと思った方はスターをお願いします!今回紹介したワゴン車以外にもアメリカの住宅街(特に高級住宅街)を見ていても、一つ一つ異なったデザインで見ていてとても面白いです。日本は全て似ていて個性に欠けている気がします。それも国民性の一つなのですが、、皆さんもいつかアメリカ留学中や旅行中にこの配達ワゴンを見る機会があるかもしれませんね。

ではまた!