Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

アメリカでもついにトイレットペーパーが品薄状態に...”Toilet Paper Crisis”発生(画像あり)

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回はコロナウイルスの影響で社会問題化しているトイレットペーパー品切れ現象について書いていきます。

先日の家族ラインで「家にトイレットペーパーが二つしかないから、おばあちゃん家から少しもらってきたりと大変!」と連絡があり日本は大変なことになっていると実感。寮生活の留学生には問題ないかと思いますが、私はキャンパス外に住んでいるので今後多めに買おうと思っています。

 

  • 市内の大型スーパーマーケットにて

日本や世界各国で起きているトイレットペーパー品切れ現象ですが、アメリカの田舎町に留学中の私には無縁の話かと思っていました。しかし、先日中国人の友達とその話をしたところ、もうアメリカでもトイレットペーパーが売れまくって品薄になっていると言っていて驚きました。まさかこんな田舎町で起こるなんて...。私も念のため少し買いだめしようと考えています。

 

そして気になる実際の写真がこちら↓

 

f:id:Daikie:20200308214728j:plain

まだ完全に品切れではありませんが、だいぶ少なくなっています。。

f:id:Daikie:20200308214751j:plain

小さいサイズのお手頃価格なトイレットペーパーは無くなっていました。マスクコーナーの写真はありませんが、そちらも在庫が少なくなっていました。

  • 英語ではToilet Paper Crisisと言う

Crisisは日本語で危機という意味なります。トイレットペーパーの危機(トイレットペーパークライシス!)が世界中で発生しつつあるのです。最近オーストラリアでトイレットペーパーを奪い合う動画が投稿され注目を集めています。もちろんトイレットペーパーに加えてマスクも売れており、アマゾンでも値段の高騰や出荷待ちを目にすることが多くなってきました。僕の友達も先日アマゾンで50個入りのマスクを購入。アメリカではマスクをしている人を見かける機会は滅多にありませんが、もしかするとこれから増えていくかもしれません。日本と異なり、アメリカは天然資源が豊富なのでなんとかなることを願っていますが、急に売れすぎてしまうと物流も生産も追いつけなくて混乱してしまいます。コロナウイルスの影響力は本当に恐ろしいものです。

 

いかがでしたか。

トイレットペーパークライシスはこれからメディアの影響によってさらに加速していくと思われます。みんなが揃って買っていると、その影響で自分も買いたくなってしまうものです。買いだめするだけではなく、必要以上に使わないことも大切です。なるべく早く事態が終息することを願っています。ではまた!