Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

アメリカで花束を買ってみた!買い方を紹介!チップは必要?

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回はアメリカの花屋さんで花束を買ってみたので、買い方などを紹介していきたいと思います!

f:id:Daikie:20200305181252j:plain

 

  • 花束を買うことありますか?

大人になるにつれて花束を買う機会が増えた気がします。大学を卒業する先輩や留学へ飛び立つ友達、誕生日を迎える友達、両親への感謝の気持ちを伝えるときなど、今まで花束を買ってきました。今回はアメリカで友達の誕生日を祝うために花束を買いました。その友達は私が作った料理をいつもすごく美味しいって笑顔で食べてくれて、何度も嬉しい気持ちにさせてくれたのでその感謝の気持ちも込めて。

 

  • 花屋さんに到着して注文してみた。

とりあえずグーグルで家の近くに花屋さんがあるか調べてみると、家から2キロ圏内に3〜4店舗の花屋さんを発見!レビューが良くて家から近いところを選びました。なんだかんだでアメリカの花屋さんで買い物するのは初めての経験です。ちょっと緊張しながら誕生日用にに花束を買いたいと言うと、予算はどのくらい?と言われたので財布に入っていた「30ドルでお願いします。」と伝えました。花束は英語で『Bouquet』です。もしくは『a bunch of flowers』でもオッケーです。僕の地元で1000円でちょっと小さめの可愛い花束を作ってくれる花屋さんを思い出しました。アメリカでも伝える予算によって花束のグレードも変わってきます。もしくは自分で花を選んで、その花の種類、数によって値段が決まるのでしょう。

 

お店はかなり小さくて選べる花の種類が限られていましたが、逆にそれが選びやすかったかもしれません。(下の写真のケージ)色は白色と黄色でお願いしました。また香りつきの花(フレグランス・fragrance)はどう?とオススメもしてくれたので、それも加えました。

 

f:id:Daikie:20200302145017j:plain

最後は手慣れた手つきでお花以外の部分やラッピング、リボン、バッグも付けてくれました。その花束の写真は友達へのプレゼントなので載せませんが気に入ってくれて嬉しかったです。気になる点はラッピングの紙にちょっとシワが寄りやすいかなってことぐらい。チップをした方が良かったのか謎です。

追記チップ渡すのが一般的だそうです。下調べなしで行ったのでわかりませんでした、、優しく接客してくれた店員さん、ごめんなさい。

 

  • お店の店員さんが気さくな方だった!

花屋さんのおばさんがとても気さくな方で話しやすかったです。「〇〇(大学の名前)の大学生?」と聞かれ、「日本からの留学生です。」と伝えると「昔大学生だった頃、美術の授業で日本の庭園について学んで、いつか日本に行って実際に見てみたいのよね〜。」と話してくれました。

留学していると、少しでも日本のことについて知ってる人が多くて「日本人で良かったな〜」と思う場面がたくさんあり、また日本が好きになりました。

 

いかがでしたか?アメリカで誕生日や卒業式などで友達などに花束を買ってみてはどうでしょか?絶対に喜んでくれますよ!ではまた!