Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

アメリカ留学ブログ サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフ名物”クラムチャウダー”と少しだけダンジネスクラブ!

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今日はサンフランシスコの観光スポットであるフィッシャーマンズワーフで食べたクラムチャウダーについて書いていきます!

f:id:Daikie:20191222155429j:plain

フィッシャーマンズワーフの看板。

フィッシャーマンズワーフといえば、クラムチャウダーが有名です。

チャウダーってなぜか響きがいいですが、どんな意味なんでしょうか。グーグルによると、野菜やお肉、魚貝類などを煮込んだ、具がたくさん入っている濃厚なスープのことを指すらしいです。寒い中、凍えながら食べるクラムチャウダーは最高でした!

値段は屋台で6ドル〜8ドルほど、レストランだともう少しするかもしれないです。

パンをくりぬいた器を選ぶともう少し高いです。今回は少し節約して普通のカップに入っているクラムチャウダーを買いました。

f:id:Daikie:20191222155750j:plain

こんな小さいカップで7ドル。

ここのお店は味見させてもらえました。高って思ったら味見だけしちゃいましょう!小さな試食用のカップに入れてくれましたよ。

 

  • スーパーで売ってる2ドルの缶詰と味を比較して見た。

後日、スーパーで2ドル弱ぐらいで売っていたクラムチャウダー缶を発見。開封してスープ皿に入れて電子レンジでチンするだけ。

結論、、、

 

 

 

 

 

 

 

そんなに味変わらんやん!

少し損した気分になりましたが、あの場で、あの雰囲気で、寒い屋外で食べるから美味しいのです。

  • ダンジネスクラブも有名!

筆者はカニが大好物です。毎年正月と誕生日には必ずカニを注文します。カニ好きの皆さんにオススメしたいのがダンジネスクラブになります!ちなみに日本語名はアメリイチョウガニ。

上記の写真二枚にもカニが写っている通り、カニも有名なのが、ここフィッシャーマンズワーフです。カニなんでもちろん値段設定は高めです。予算に余裕がある方はぜひ食べて見てください!羨ましいです。。

 

ダンジネスクラブ。そんなに身がついてなさそう。食べたことないからわからないですが、私の中のカニの定義は”足が長くて、身がしっかり詰まっている”です。カニの殻を上手に剥いたあと、大きな口を開けてカニの身を頬張るのが、カニの醍醐味でしょう。やはり日本のズワイガニ、タラバガニは最高です!海外からの輸入が多いですけど!

写真はアメリカのスーパーで買ったズワイガニ300グラム8ドルを食べたときの写真です。

f:id:Daikie:20200106173456j:plain

調理材のカニを再度茹でてしまったので、少し味が落ちました。

やっぱりシーフードは日本が一番!ではまた!