Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

アメリカ留学 カリフォルニア一周の旅 12日目 死の谷・デスバレー/バッドウォーター/ザブリスキー/モスキートフラット砂丘

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

午前9時半にはラスベガスを後にし、オレゴン州へ北上していきます。

途中でデスバレー( Death Valley)に立ち寄りました。名前の通り、枯れ果てた砂漠と、岩肌のゴツゴツした山々が連なる景色が永遠と続きます。ネバタ州の雪山を超えたところで徐々に気温が高くなり、デスバレーでは最高気温19度、暑い日差しが照りつけ、半袖でも過ごせる気候でした。

最初に向かったのはテュエンティ・ミュール・チーム・キャニオンです。ザブリスキー

ポイントの近くにあり、白と茶色の山々がうねるように集まって形成されています。夕焼け時には山肌が黄金色に輝きとても綺麗です。ザブリスキーポイントの方が有名で綺麗な写真が撮れるそうですが、先にこっちで車を降りてしまったのでスルーしました。ちなみに写真奥に見える茶色い岩山がザブリスキーポイントになります。

f:id:Daikie:20191229154028j:plain

テュエンティ・ミュール・チーム・キャニオン

続いて向かったのがバッドウォーターです。塩水が乾燥して形成された多角形の地面を歩いて回ることができます。塩水が乾燥せず湖のように広がっている景色も見ることができて、いろんな写真を撮ることができます。せっかく見つけた湖が塩湖だったためバッドウォーターと名付けられたそう。水深はかなり浅いので歩いて回ることができますが、靴が塩&泥だらけになってしまいました。

f:id:Daikie:20191229155227j:plain

バッドウォーター 水深は約1〜2センチほど。

f:id:Daikie:20191229154950j:plain

バッドウォーター 塩で形成された多角形

最後に向かったのがモスキートフラット砂丘です。砂丘を訪れたのは人生で初めてだったかもしれません。ちょうど夕焼けの時間で、山々に反射する夕日がとても綺麗でした。写真ではよく伝わりませんが、もっと山の方まで向かって歩いて行くと砂丘が見えてきて、砂漠をさまよっているような感じがします。

f:id:Daikie:20191229160229j:plain

モスキートフラット砂丘

明日もさらにオレゴン州へ向けて北上し、ホームを目指します。

今日はモーテルに泊まります。モーターとホテルでモーテルなのかな?

旅も残り二日、ドイツ人の友達一人が旅の後に故郷に帰ってしまうので寂しくなります。出会いに別れはつきものです。ではまた明日!