Fラン大学生のアメリカ留学奮闘記

Fラン大学生の留学奮闘記🇺🇸

TOEIC350点、英検3級レベルだった偏差値35のFラン大学生がアメリカの大学に転学し卒業するまでの軌跡(奇跡)を綴るブログ。留学ネタ、留学あるある、留学日記、英語勉強法、アメリカの文化、アメリカ生活で役立つ情報などを発信していきます。💻

アメリカではコロナの影響で公園まで立ち入り禁止に(画像あり)

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回は公園まで立ち入り禁止になってしまったアメリカの現状を書いていきたいと思います。

 

f:id:Daikie:20200405075127j:plain

 

先日公園に立ち寄ってみると...

コロナウイルスの影響で大学のジムや運動場は全て閉まっており、仕方なく最近は公園のベンチや鉄棒、懸垂を上手に使って筋トレをしていました。

しかし先日公園に行くとこんな掲示が公園に至るところに貼られていました。 

f:id:Daikie:20200405075330j:plain

Park Closures = 公園封鎖中に変わっていました。

これで公園内の道と消毒液置き場を除く遊具などの施設は全て使えなくなりました。

暖かくなると公園の芝生でリラックスしているアメリカ人をよく見かけますが、今はピクニックどころではありません。

無視して利用している人も見かけますが、ルールはルールなので守ります。

部屋の中での筋トレもできなくはないのですが、たまには外の新鮮な空気を吸いながら有酸素運動をしたいところです。

 

アメリカ人のコロナに対する対応

アメリカのコロナウイルスに対しての感染予防は徹底していると思います。

みんな買い物など必要な外出時以外はしっかりと家に滞在していますし、食料品や衛生用品を取り扱っているお店、薬局以外はほぼ全てのお店が閉まっています。

またレストランはお持ち帰りドライブスルーのみになっています。

私の留学先の感染者がかなり少ない田舎ですらこの状況なので、都市部ではさらに徹底した対策が取られているかと思います。

私もコロナウイルスを少し甘く見ていたので、正直言うと良い教訓になりました。

日本人もアメリカ人の姿勢を見習うべきです。

 

マスクをつけている人も増えてきた

日本と違ってマスクをつける習慣は一切ないアメリカですが、人が多く集まるスーパーマーケットなどでマスクをつけている人を見かけるようになりました。また店員さんは必ずマスクとプラスチック製手袋を着用しています。

私もなんとかマスクとプラスチック手袋を手に入れることができました。

マスクとはいっても黒色の布マスクなので効果は薄いかもしれませんが、手作りマスク、ましてはつけないよりは全然マシだと思っています。

アマゾンで注文したのですが商品の到着までに約3週間はかかりました。少しでも早めに買っておいて良かったです。帰国のフライトにも間に合います。

幸いにも大学の保健センターからもらった医療用マスクが1つだけ残っているので機内用にとっておきます。

日本でも同じ商品が売られていました。黒と灰色があるようです。

 

 

いかがでしたか。アメリカ人のウイルスに対する姿勢から何か学べることがあったはずです。

とにかく今は外出したくても我慢して家に滞在しましょう!

ではまた!

 

 

正規留学1年目:秋学期の成績を公開します(画像あり)

こんにちは。アメリカに留学中のDaikeです。

今回は秋学期の成績(GPA)を公開しようと思います。

f:id:Daikie:20200404103358j:plain

成績公開!早くみたい方は下にスクロール!

留学後最初の学期が終わりました

アメリカの大学に編入後、最初の学期がやっと終わりました。

アメリカは日本と違って8月下旬〜9月中ばに学校が始まるので秋学期からスタートです。

転学するとふつうは3年生(ジュニア)から始まるので卒業までは2年かかります。

私の留学先はセメスター制でなくクウォーター制を採用しているので1年に秋学期、冬学期、春学期3学期あります。

夏学期は自由なのでほとんどの生徒が夏休みに入ります。

 

秋学期に履修した授業一覧

今学期は下記の4つの授業をとりました。

  1. English 101 (4単位)
  2. Public Speaking (4単位)
  3. Interpersonal Communication (4単位)
  4. Small Group Communication (4単位)

合計16単位の授業を履修しました。

アメリカの大学は単位数によって支払う学費の額も違ってきます。

 

English 101

TOEFL IBT 92点以下の留学生は交換留学、正規留学に関係なく英語の授業を履修しなければなりませんでした。私は過去の語学留学や日本の大学で同じようなイングリッシュレッスンをなんども受けていたので、けっこう楽単(楽に単位が取れる)でした。

APAスタイルでの参考文献の書き方やフォーマットの作成の仕方は、アメリカでエッセイやペーパーを書くにあたってとても重要なことなので復習できて良かったと思います。

日本人学生の他にも韓国、中国、サウジアラビア、スイス、ポーランド出身の留学生もおり、友達も増えました。

 

友達が留学前にくれたライティングの参考書です。

一冊持っておくと役立ちます。

 

Public Speaking

スピーチやプレゼンテーション能力を得るための授業です。グループプレゼンやストーリーテリング、デモンストレーションスピーチなど様々なスピーチの仕方を学びました。

講師の方が昔日本に留学していたそうで話が合い、結構仲良くなれました。しかし、スピーチ中に「あ〜」や「え〜」などと言い、つっかえてしまうと減点という厳しい採点の仕方でした。

こちらの授業は私の専攻の必修科目でした。

 

Interperonal Communication

対人関係コミュニーケーションを学ぶ授業で、恋人、友達、家族間でのコミュニーケーション、異文化間でのコミュニーケーション、SNSなどを使ったオンライン上でのコミュニーケーションなど学ぶことは多岐に渡ります。

こちらも専攻の必修科目でした。

 

Small Group Communication

少人数グループでのコミュニーケーションの仕方などを学ぶ授業です。初回の授業で5人組のグループを作り、その後は学期が終わるまでずっとそのグループで活動を共にします。

自分のグループメンバーは皆優しく協力的だったので助かりました。

 

気になる成績はこちら↓

お待たせいたしました。こちらが秋学期の成績になります。

f:id:Daikie:20200404104203j:plain

奇跡が起きました!

結果はなんとオールAを取得することができました!

Fラン学生ですが今までも大学のGPAは奨学金のために高めにキープしてきました。

しかし前回語学留学した時に、アメリカの大学の正規授業を取る機会があったのですが"F”を取ったのを覚えています。あれから2年しっかりと準備をしてきた甲斐がありました泣

ちなみにアメリカでは定期的に自分の成績を確認することができます。

近いうちに冬学期の成績も発表したいと思います。

ではまた!

 

コロナウイルスの影響で暇すぎたので留学中にタピオカ作ってみた。

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回はアメリカでタピオカをつくってみました。

コロナウイルスの影響で自宅待機命令が州知事から発令されたことに加え、食料品店&薬局以外はほぼ全て閉まっているので時間が有り余っています。

それでは紹介していきます。レッツタピオカ!

 

 

タピオカをアマゾンで買ってみた

タピオカティー作りといっても、タピオカ粉から作るわけではありません。もう既に丸くなっているタピオカを茹でるだけで良いセットを買いました。

日本でも業務用スーパーでタピオカ手作りキットが一時期どこも品切れで流行っていたと思いますが、今はどうなんでしょう。

 

写真のタピオカの袋詰めが2パックストロー50本10ドルほどでした。タピオカは一杯5ドルはするのでかなり経済的でコスパ良し。

タピオカを飲むたびに思いますが、タピオカって絶対に原材料安すぎる。飲み物は全般的にそうですが、かなり儲けてますね。

f:id:Daikie:20200403032737j:plain

ストローは写真に写っている量の3倍以上は入ってます。

 

 

さて作ろう

作り方が裏面に書いてありましたが、中国語と一緒に書いてあって細すぎて読めん!てか読む気にならないのでネットで調べました。ネットで出てきた茹で方は1時間!?と書いてありましたが、この商品は茹でる時間は5分〜10分で良いらしい。商品によって違うのかも。とても楽チンです。

 

茹でます

鍋にお湯を沸騰させてタピオカを茹でます。しっかりと沸騰させてからお湯の流動を保つことによって、タピオカ同士がお互いにくっつくのを防げるそうです。

10分くらいで柔らかく、いい感じの食感になってきました。

f:id:Daikie:20200403033018j:plain

しばらくすると浮いてきます。箸で混ぜます。

 

砂糖を加えてさらに茹でます

茹で汁は全て捨てるのではなく少し残しておきます。タピオカたちが若干浸る程度にしておきます。そこに砂糖を加えます。

今回私は普通の白砂糖を使いましたが、黒糖やブラウンシュガーを使った方が、ガラスのコップにタピオカを入れた時に超有名タピオカ店”ゴ○チャ”のように映えます。

f:id:Daikie:20200403033059j:plain

こちらも箸で混ぜます。黒光りがいい感じです。

なんとなく水気が飛んできてとろみが出てきたら完成です。お疲れ様でした。

 

アマゾンで比較的安価で買えるタピオカはこちらから↓

 

ミルクティーの作り方

日本にいたら午後のロイヤルミルクティーを近くのスーパーかコンビニから買ってくれば良いのですが、アメリカではそうはいきません。

 

材料は食堂から少し頂戴してきた紅茶のパック(3〜5パック)と牛乳(又はコンデンスミルク)、砂糖を準備します。

濃厚なミルクティーを作るたい場合は、沸騰したお湯にティーパックを放り投げて30分〜1時間ほどじっくり煮込みます。そしてミルク、砂糖を加えてさらに中火でしばらく煮込みます。終わったら何か別の容器に移して冷蔵庫で冷やします。

 

この過程が面倒くさい方は普通にミルクティーを作っていただいて、氷を入れて冷やせば時短できます。

 

完成!!!

ついに完成しました。写真は私が飲んだタイミルクティーのタピオカです。

茹でたてのタピオカが1番柔らかくて美味しい!時間が経つとゴムみたいになりました。

普通のタピオカミルクティーの写真は撮り忘れました。また後日作った時に掲載いたします。

甘さが足りない場合は砂糖を加えて調節しましょう。(タピオカって糖分かなり高いそしてアマーーーーーーイってネタが古いです、、)

f:id:Daikie:20200403033222j:plain

見た目は微妙、けど味は良かったです。

 

f:id:Daikie:20200426145644j:plain

こちらは後日作ったミルクティー

いかがだったでしょうか。初めての割には上手にいったと思います。

皆さんも自宅待機の時間でタピオカをつくってみてはどうでしょうか?

お店で買うより全然安いですよ。家族や友達と作るのもありです。

それではまたお会いしましょう!ではまた!

 

コロナウィルス:アメリカ人の社会的距離(ソーシャルディスタンス)の徹底さ

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回はアメリカでの社会的距離(ソーシャルディスタンス)について書いていきます。

f:id:Daikie:20200331164046j:plain

アメリカ ソーシャルディスタンス


 社会的距離(ソーシャルディスタンス)とは?

現在世界中で蔓延しているコロナウィルスの感染予防として取り入れられた社会的距離(ソーシャルディスタンス)ですが、簡単に言うと他人と近づきすぎないように距離を空けることを言います。アメリカではその距離が6フィート(約2メートル)と一般的には定められています。

 

州からの命令で社会的距離を取らなければならない

州知事(日本の県知事のような役職)から社会的距離を取らなければならないという命令があり、もし守らなかった場合は反則金拘置所行きになる可能性があるのだとか。大学の国際交流課からも屋外、特にキャンパス外では他人と距離を置いて歩くように指示がありました。

他にも集団を避ける、消毒液を使って手を清潔に保つ、必要以上の外出は慎み自宅に待機するなどの命令が出ているそうです。

 

日本ではまだまだ危機感が低く、遊びに出かける人も多いかもしれませんが、こちらではコロナウィルスの危険性をしっかりと意識して行動している人が多いと感じます。お花見なんてしている場合ではありません。

 

  • スーパーマーケットなどのお店や食堂でも社会的距離を保つ

スーパーマーケットのレジや大学の食堂で列を作って待つ時も社会的距離を保たなくてはなりません。レジ前の床には6フィート感覚でマークがつけてあり、買い物客が間隔を空けて待てるようになっています。食堂でも同じで、その他人の列ができる場所では全て6フィート間隔でマークがつけてあります。

また他のお店でも店内では社会的距離を保つようにと入り口に掲示が貼ってあります。

 

いかがだったでしょうか?最近日本でも社会的距離に関しての話題がニュースなどに取り上げられることもあります。一人一人の意識が大切だと思います。これからも頑張って乗り越えていきましょう。ではまた!

 

 

コロナウィルス:アメリカのスーパーで在庫無くなった商品一覧(画像あり)

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回はアメリカのコロナウィルスによる影響で品薄もしくは在庫切れになってしまった商品を紹介したいと思います。

f:id:Daikie:20200329161438j:plain

お店で見つけた在庫切れ商品のご案内

 

  • ついにコロナウィルスの影響が深刻化してきた

私の留学先はかなり田舎町で、コロナウィルスなんて関係ない話かと思っていました。しかし先日トランプ大統領から国家非常事態宣言、WHO(世界保健機構)からパンデミック宣言がなされ、アメリカ人も事態を重く受け止めたのかスーパーマーケット、その他生活用品店に駆け込んで買い物をする人が殺到しました。必要以上に買い溜めをしてしまう私たちの心理現象は恐ろしいものです。

お店で見かけなくなったものを一つずつ挙げていきます。

 

  • トイレットペーパー

日本でもお馴染みのトイレットペーパーも大量購入が発生。トイレットペーパーはどこも在庫切れです。私も4ロールしかありませんでしたが、日本へ帰国する友達からいくつかもらうことができたのでしばらくは安心です。

f:id:Daikie:20200329161553j:plain

スーパーのトイレットペーパー売り場。一つも残っていません。
  • 消毒液

ボトルや携帯用の小さめも容器に入っている消毒液も全てなくなってしまいました。

  • アルコール消毒スプレー

テーブルにシュッとして拭いたりできるスプレーももちろん品切れです。

  • マスク

マスクも在庫が無い状態です。街中でもマスクをつけて歩いている人を見かけることが多くなりました。アメリカ人はマスクをつける習慣がないので少し違和感を感じます。 

  • 手袋

ゴム手袋も品薄状態が続いています。さすがに手袋までつけている人はまだ少ないです。

昨日1ドルショップに行ったところまだ少し在庫がありました。

  • オムツ・生理用品

オムツ、生理用品も在庫が少なくなってきているそうです。オムツに関してはサイズ等があるので、欲しいサイズが手に入りづらいとのこと。最近アメリカ人女性がオムツのまとめ買いの酷さを訴えるために泣きながら投稿した動画が有名になっています。

  • 保存食品(パスタ、米、缶詰等)

乾燥食品の在庫も少なくなってきています。近くのスーパーマーケットは米が全て無くなりました。米を主食にしている日本人の私にとってはかなり辛いです。

 

  • 衝動的パニック買いは英語で?

私がよく見かけるのは"Panic Buying"になります。覚えやすい表現かと思います。

 

今更ですがスーパーやお店も一人につき一つなど制限を設けるようになりました。

 

私の知っている限りでは上記のもので以上になります。もし何か他にもございましたら、コメントにてお伝えください!またこれらの商品はアマゾン等のオンラインショップ買えないこともないですが、値段の高騰や出荷待ち、到着までにかかる日数がかなりかかる場合がほとんどです。友達はせっかくマスクを買ったのに配達される前に帰国するはめになってしまいました。

アメリカに在住している皆さん、欲しいものが手に入らず生活が困難な時もあるかもしれませんが共に乗り越えましょう!ではまた!

 

 

 

コロナウィルス:アメリカ留学先の大学の対応は?

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今回はアメリカ留学先の大学のコロナウィルスへの対応について書いていきたいと思います。期末試験や友達が強制帰国になったりと忙しく久々の投稿になります!

f:id:Daikie:20200328131100j:plain

アメリカの大学コロナ対策まとめ
  • 学長からのアナウンスが生中継で行われる

テスト期間前の週だったと思いますが、授業のはじめに先生から「今日は学長からコロナウィルスについて今後の方針がアナウンスされるけど聞きたい?」と提案があり、アナウンス時に授業を中断し、生中継で会見を見ることになりました。まるで記者会見のような感じで、手話の補助付きのアナウンスが行われ今後の対策が発表されました。

 

  • 期末テストは今まで通り行われる

他の大学では期末テストが中止されたケースもありましたが、私の留学先ではスケジュール通り行われることになりました。しかしながら、テストがオンラインで行われたりと人が集まらなくても良いように配慮した授業が多かったです。また自分の取っていた授業では、先生がオンラインテストと提出物の期限を数日間延長してくれました。

 

  • 春休みが1週間延長される

もともと春休みは1週間の予定でしたが、プラス1週間され2週間になりました。よって春学期は通常より1週間少なくなりました。休みが長くなったとはいえ、人混みを避けなければならないので旅行などは自粛しなければなりません。私の大学は田舎町にあるので本当にすることがありません。友達は都心部を避けて、自然公園や海岸など人混みを避けつつ旅行しているそうです。私も先日、友達の家に泊まりながらハイキングや砂丘、海岸の夕日を見たりしました。

 

  • 春学期の授業がオンラインに変更される

アナウンス当初は最初の3週間のみオンライン授業に変更とのことでしたが、後日春学期全ての授業がオンラインに変更されました。日本語だと通信授業と言ったところでしょうか。アメリカの大学の授業はディスカッションやディベートなどアクティビティーが多いのが特徴なのですが、それがなくなると考えると楽しさが半減してしまう気がします。せっかくアメリカにきたのにオンラインでしか授業を受けられないなんて悲しすぎます。同じ学科専攻の友達もできて一緒の授業を取る予定だったのですが、それも直接会って一緒に授業を受けることはできなくなりました。

 

  • 大学全てのイベントが中止または延期される

大学内外で行われる全てのイベントが中止または延期されることになりました。私が楽しみにしていたパンケーキフェス(アメリカの大学で試験前によく行われるイベントで、学食が深夜まで開き、パンケーキやベーコンなど朝食のようなメニューを無料で食べてテスト前にエネルギーをつけようという催し)も中止になりショックでした。また私が練習していたルアウと呼ばれるハワイダンスのイベントも延期になり、最悪の場合中止になると発表され、とても残念な気持ちです。

 

  • 春学期の学費が見直される

春学期の授業がオンラインになると同時に、大学の施設も閉まるとのことで、学費のうちの施設料などがほんのわずかですが安くなりました。ちなみに今日本で勉強してる留学生の友達たちがオンラインクラスになったのに学費が同じでおかしいと抗議しています。なんとか彼らの声が大学の方針を変えることを願います。

 

大学からの発表は以上になります。街中もキャンパスも人通りが少なく本当に静かになってしまいました。そして春休みが終わってもほとんどアメリカ人の友達は大学に戻ってこないそうです、、アメリカではまさに今コロナウィルスの影響が深刻化しています。他の留学生が強制帰国になったり、お店が閉まったりと色々な騒動が起きているので今後もコロナウィルスの影響については随時更新していきたいと思います。

アメリカにいる皆さん、またアメリカに留学する予定だった方々、気持ちは人それぞれかと思いますが、健康に気をつけてお過ごしください。ではまた!

アメリカ郵便局(USPS)郵便配達用ワゴンのデザインがカッコイイ件(画像あり)

こんにちは。アメリカ留学中のDaikieです。

今日はアメリカの郵便局(USPS)の郵便配達の車が個人的に可愛いと思ったのでシェアしていこうと思います。まずは簡単にアメリカの郵便局を紹介していきます。

f:id:Daikie:20200309180601j:plain

モザイクなしの画像(3枚)は下にあります!

 

アメリカの郵便局はUnited States Postal Service (略してUSPS)と呼ばれています。日本から荷物を送ったり、アメリカから荷物を送るときに利用した方も多いのではないでしょうか?評判はというと、残念ながら遅延は当たり前、紛失さえ起こることも稀にあります。私の日本からの小包も3週間の予定が1ヶ月かかってやっと届きました。

荷物の大小に関わらず、配達員はただ玄関の前に荷物を置いていくだけです。「配達しましたよ〜」という意味を込めて、ドアをノックしてくれることは多いのですが、日本みたいに直接渡すようなことはありません。配達物が庭先にポツンと置かれるわけですから、それを狙った盗難も多いのが現実です。私はまだ盗まれたことはありませんが、皆さんも気をつけましょう。

 

  • 配達用ワゴン車のデザインはコレだ!

さて本題のワゴン車のデザインですがこちらになります!

 

f:id:Daikie:20200309131612j:plain

 レトロ感漂う正面から見た感じはこちら。ミラーが多い気がします。

f:id:Daikie:20200309131622j:plain

赤と青のストライプと郵便局のロゴがいい感じです。

f:id:Daikie:20200309131630j:plain

後ろはドアではなくシャッターのような作りになっており、車内まで簡単に荷物を取りに行くことができます。

 

日本郵便局のワゴン車と違ってちょっとカッコ良い、可愛い、デザイン性が良い!と思うのは自分だけしょうか。初めて見たときは「なんやあの車めっちゃ個性的やん!」と思って目で追っていると、郵便局の車であることに気がつきました。でもちょっとだけごみ収集車っぽいかなという事実。逆に日本で見るのは赤色のスズキの軽ワゴンですよね。日本は赤色のデザインが中心ですが、アメリカは赤、青、白が使われています。

 

いかがでしたか。

少しでもカッコいい、可愛い、デザインが良いと思った方はスターをお願いします!今回紹介したワゴン車以外にもアメリカの住宅街(特に高級住宅街)を見ていても、一つ一つ異なったデザインで見ていてとても面白いです。日本は全て似ていて個性に欠けている気がします。それも国民性の一つなのですが、、皆さんもいつかアメリカ留学中や旅行中にこの配達ワゴンを見る機会があるかもしれませんね。

ではまた!